2020年01月10日

藤田菜七子に女性騎手初のフェアプレー賞 11日中山競馬場昼休みに表彰式

1: ベクトル空間 ★ 2020/01/05(日) 13:50:37 ID:UxZ1cBCl9.net

藤田菜七子に女性騎手初のフェアプレー賞/JRA賞
https://app.jra-van.jp/PCWeb/Article0003.do?id=202001050000103&arg1=A001&service=web

「2019年度JRA賞」の調教師・騎手部門が4日、JRAから発表された。
厩舎関係者表彰の騎手部門では、フェアプレー賞に藤田菜七子騎手が選ばれた。
同賞は30勝以上かつ制裁点数10点以下の騎手が対象。J
RA女性騎手で年間30勝以上を挙げたのは19年の藤田騎手が初で、女性騎手として初の受賞
。関東では大野拓弥、戸崎圭太、関西では藤岡康太、古川吉洋、幸英明も選出された。

関東での表彰式は開催日の11日昼休みに、中山競馬場で行われる予定。


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年度JRA賞発表 年度代表馬はリスグラシュー 最優秀古牡馬はウインブライト、3歳牡馬はサートゥルナーリア

1: 丁稚ですがφ ★ 2020/01/07(火) 15:27:44 ID:pg3S0vGv9.net

「2019年度JRA賞」決定!年度代表馬はリスグラシュー号!

JRAは1月7日(火曜)、「『2019年度 JRA賞』受賞馬選考委員会」を開催し、
記者投票の結果に基づき年度代表馬、競走馬各部門の受賞馬を決定いたしましたのでお知らせいたします。
また、調教師・騎手部門につきましては、JRAの内規により各賞が決定しておりますので
併せてお知らせいたします。

競走馬部門
年度代表馬・最優秀4歳以上牝馬 リスグラシュー号(牝5歳)
最優秀2歳牡馬             コントレイル号(牡2歳)
最優秀2歳牝馬             レシステンシア号(牝2歳)
最優秀3歳牡馬             サートゥルナーリア号(牡3歳)
最優秀3歳牝馬             グランアレグリア号(牝3歳)
最優秀4歳以上牡馬         ウインブライト号(牡5歳)
最優秀短距離馬.            インディチャンプ号(牡4歳)
最優秀ダートホース           クリソベリル号(牡3歳)
最優秀障害馬.              シングンマイケル号(せん5歳)

調教師・騎手部門
調教師部門
最多勝利調教師     安田  隆行(栗東)
最高勝率調教師     中内田充正(栗東)
最多賞金獲得調教師 矢作  芳人(栗東)
優秀技術調教師     中内田充正(栗東)
騎手部門
JRA最多勝利騎手    C.ルメール(栗東)
JRA最高勝率騎手    川田 将雅(栗東)
JRA最多賞金獲得騎手 C.ルメール(栗東)
MVJ             C.ルメール(栗東)
最優秀障害騎手       森  一馬(栗東)
最多勝利新人騎手     斎藤  新(栗東)

JRAニュース
http://jra.jp/news/202001/010701.html
記者投票結果
http://jra.jp/news/202001/010701_01.html
記者投票者とその内容(PDF)
http://jra.jp/news/202001/pdf/010701_01.pdf


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月09日

京都金杯(G3) 中団前追走サウンドキアラ(松山)直線で抜け出し重賞初制覇!

1: 丁稚ですがφ ★ 2020/01/05(日) 16:12:35.04 ID:9C5R5yeR9.net

01 2 03 サウンドキアラ        牝5/458(. +2)/ 1.34.0   ---   松山弘平 53.0  安達 昭夫
02 3 06 ダイアトニック.           牡5/484(+12)/ 1.34.2 1 1/4馬身 北村友一 57.0  安田 隆行
03 4 07 ボンセルヴィーソ.        牡6/478(. +6)/ 1.34.4  1馬身  太宰啓介 54.0  池添 学
04 8 18 ソーグリッタリング      牡6/492(+10)/ 1.34.8 2 1/2馬身 川田将雅 56.0  池江 泰寿
05 7 14 ブレステイキング.        牡5/478(. -2)/ 1.34.8   クビ.  藤岡佑介 56.0  堀 宣行
06 1 01 エメラルファイト.          牡4/460(+10)/ 1.34.9 3/4馬身 石川裕紀 56.0  相沢 郁
07 4 08 ドーヴァー.           牡7/504(. +2)/ 1.35.0 3/4馬身 福永祐一 56.0  伊藤 圭三
07 8 16 エントシャイデン.        牡5/488(. +2)/ 1.35.0   同着   坂井瑠星 54.0  矢作 芳人
09 2 04 オールフォーラヴ       牝5/462(. +6)/ 1.35.0   ハナ   和田竜二 54.0  中内田 充正
10 3 05 メイケイダイハード.      牡5/542(. -4)/ 1.35.1   クビ.  柴山雄一 53.0  中竹 和也
11 7 15 モズダディー.         牡5/496(. +4)/ 1.35.3 1 1/4馬身 酒井  学 54.0  藤岡 健一
12 5 09 ストロングタイタン.       牡7/548(+10)/ 1.35.4 1/2馬身 幸  英明 57.0  池江 泰寿
13 6 12 タイムトリップ           牡6/500(. -4)/ 1.35.8 2 1/2馬身 岩田康誠 54.0  菊川 正達
14 1 02 マルターズアポジー.       牡8/528(. +2)/ 1.35.9 3/4馬身 松若風馬 56.0  堀井 雅広
15 5 10 マイネルフラップ        牡4/488(. -4)/ 1.36.0 3/4馬身 国分優作 53.0  梅田 智之
16 8 17 メイショウショウブ.      牝4/500(. +8)/ 1.36.0  アタマ  池添謙一 53.0  池添 兼雄
17 7 13 カテドラル             牡4/494(. +4)/ 1.36.1 1/2馬身 武  豊   55.0  池添 学
18 6 11 ハッピーグリン        牡5/466(. +8)/ 1.36.2   クビ.  吉田隼人 55.0  長谷川 浩大

払戻金
単勝3 550円  複勝3 200円 6 210円 7 1100円  枠連2−3 1190円  馬連3−6 1260円
ワイド3−6 530円 3−7 3160円 6−7 4360円  馬単3−6 2370円
3連複3−6−7 21910円  3連単3−6−7 83460円

※結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

yahoo競馬
https://keiba.yahoo.co.jp/race/result/2008010111/

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

96年の菊花賞を制したダンスインザダークが老衰のため死亡 27歳

1: THE FURYφ ★ 2020/01/04(土) 11:51:15 ID:nkQtoVW+9.net

96年の菊花賞を制したダンスインザダークが2日、繋養(けいよう)先の社台スタリオンステーションで
老衰のため死亡した。27歳。JRAが4日、発表した。

同馬は96年に菊花賞を優勝し同年のJRA賞最優秀3歳牡馬に輝いた。引退後は種牡馬としてツルマルボーイ、
ザッツザプレンティ、デルタブルースなどのG1馬を世に送り出した。

社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「1月2日の晩、当スタリオンで功労馬として繋養しておりました
ダンスインザダークが老衰による起立不能で死亡いたしました。サンデーサイレンスの2世代目産駒で、
競走馬としても種牡馬としてもサンデーサイレンス系の繁栄を牽引してくれました。スタッフ一同、感謝の気持ちで
一杯です。ご冥福を心からお祈りいたします」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000125-spnannex-horse


続きを読む
posted by まだおっち at 15:15 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月25日

有馬記念反省会〜アーモンドアイは究極のスタミナ比べに対応できなかった

1: ネギうどん ★ 2019/12/23(月) 16:21:28 ID:tgRKxMY+9.net

デスク レース史上最多11頭のGI馬が集結した第64回有馬記念は、2番人気の5歳牝馬リスグラシューが、2着の3番人気サートゥルナーリアに5馬身差をつけて圧勝。引退レースで鮮やかな競馬を披露して有終の美を飾った。最後の直線で見せた末脚は次元の違うものだったね。今回は現地で観戦した関東競馬エイトの野田慶一郎トラックマン(TM)に登場してもらおう。君が本命にしたスワーヴリチャードは5番人気で12着か…。まさに反省会になったね。君の本命馬はあとにして、まずは9着と大敗を喫したアーモンドアイの敗因を聞こうかな。読者もそこを一番知りたいはずだからね。

野田TM これまでは上がりの速い高速馬場でしか走ったことがなく、今まで経験したことのないラスト3ハロンが極端にかかる究極のスタミナ比べに対応できなかった。それくらいしか考えられません。中団の外で折り合い、4コーナー手前からのスムーズに上がってきたときは「さすがだな」と思ったんですが、直線で全くはじけなかったですね。

高尾TM ルメール騎手は「スタンド前で冷静に走れなかった。2500メートルだと、リラックスして走れないとアーモンドアイでも疲れてしまいます」って話してましたよ。

野田TM 見た目には全然、力んでいるように見えなかったけどなあ。折り合って普通に競馬をしているように見えたけど、外から見ているだけでは分からないもんだね。アーモンドアイは万能ではなかった、ということでしょうか。

デスク それにしても、勝ったリスグラシューの末脚は強烈だったね。

野田TM 鞍上のレーン騎手がインでじっくり我慢。他馬が早めに動くところでワンテンポ待ち、残り3ハロン過ぎから進出して内から外へスムーズにさばけましたね。ギリギリまで脚がたまっていたとはいえ、追い出されてからの迫力は他馬をはるかにしのぐものでした。文句なしの圧勝です。宝塚記念では前半で掛かりながら圧勝したように、スタミナがあるということ。有馬記念ではスタミナが必要なレースになって、強さがより際立ちましたね。ハーツクライ産駒は古馬になっても成長力があります。うちのハーツは全く駄目だったけど…。

デスク 「うちのハーツ」って、本命にしたスワーヴリチャードのこと?

野田TM はい…。鞍上が前半に気合を付けて押していったらまともに引っ掛かってしまいました。あれでは息が入らず勝負になりません。さすがに最後は止まってしまいました。目に見えない疲れもあったかも…。

デスク 2着はアーモンドアイと同じロードカナロア産駒のサートゥルナーリア。

野田TM 東京での日本ダービーと秋の天皇賞はレースの直前にテンションが上がって力を発揮できなかったけど、今回は返し馬やスタート前の輪乗りでも落ち着いていました。折り合いもばっちりで、前走より競馬ぶりは大幅に良化していましたよ。直線で外から一旦抜け出したところを、さらに外から勝ち馬にかわされたものの内容は上々。確実に進化しています。僕はロードカナロア産駒は本質的に距離がもたないと思っているんですが、今回のレースを見て、この馬は意外に引き出しがあるなって思いました。控えて味のある競馬ができたのは収穫です。来年は2000メートル前後のGI、春なら大阪杯かドバイに行くんでしょうね。

デスク 3着はワールドプレミア。パドックでは出走メンバーで一番テンションが高く、返し馬でも暴走気味で武豊騎手が必死に抑えているように見えたけど。

野田TM テンションが高かったこともあって出遅れたんでしょう。後方から無理せず折り合いに専念し、直線は一気に外から伸びましたね。ペース次第でどんな競馬でもできる自在性があるし、スタミナも豊富。今回は流れも向きました。

デスク 4着はフィエールマン。

野田TM 道中はアーモンドアイの直後。4コーナー手前からまくって目標の相手はかわしたけど…。さらに後ろからまとめて差されたのは展開のアヤですね。

デスク 5着のキセキも出遅れた。ムーア騎手が押しても行かなかったね。

野田TM それだけスタート直後からペースが速かったということ。結果的にはハイペースに巻き込まれず正解でした。後方でそのまま運び、直線はジリジリながらも外から押し上げてきましたね。ただ、一気にまくれる脚はないので、本来は前で競馬をした方がいい馬。結果論としてはまずまずの着順ですが、自分の競馬ができなかったのは確かです。

デスク 6着は14番人気のシュヴァルグラン。引退レースだった。

野田TM レースは後方から。勝負どころですっと押し上げられなかったけど、直線は持ち前のスタミナを生かして上がってきましたね。

https://race.sanspo.com/keiba/news/20191222/etc19122218010007-n1.html


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有馬記念反省会〜アーモンドアイは究極のスタミナ比べに対応できなかった

1: ネギうどん ★ 2019/12/23(月) 16:21:28 ID:tgRKxMY+9.net

デスク レース史上最多11頭のGI馬が集結した第64回有馬記念は、2番人気の5歳牝馬リスグラシューが、2着の3番人気サートゥルナーリアに5馬身差をつけて圧勝。引退レースで鮮やかな競馬を披露して有終の美を飾った。最後の直線で見せた末脚は次元の違うものだったね。今回は現地で観戦した関東競馬エイトの野田慶一郎トラックマン(TM)に登場してもらおう。君が本命にしたスワーヴリチャードは5番人気で12着か…。まさに反省会になったね。君の本命馬はあとにして、まずは9着と大敗を喫したアーモンドアイの敗因を聞こうかな。読者もそこを一番知りたいはずだからね。

野田TM これまでは上がりの速い高速馬場でしか走ったことがなく、今まで経験したことのないラスト3ハロンが極端にかかる究極のスタミナ比べに対応できなかった。それくらいしか考えられません。中団の外で折り合い、4コーナー手前からのスムーズに上がってきたときは「さすがだな」と思ったんですが、直線で全くはじけなかったですね。

高尾TM ルメール騎手は「スタンド前で冷静に走れなかった。2500メートルだと、リラックスして走れないとアーモンドアイでも疲れてしまいます」って話してましたよ。

野田TM 見た目には全然、力んでいるように見えなかったけどなあ。折り合って普通に競馬をしているように見えたけど、外から見ているだけでは分からないもんだね。アーモンドアイは万能ではなかった、ということでしょうか。

デスク それにしても、勝ったリスグラシューの末脚は強烈だったね。

野田TM 鞍上のレーン騎手がインでじっくり我慢。他馬が早めに動くところでワンテンポ待ち、残り3ハロン過ぎから進出して内から外へスムーズにさばけましたね。ギリギリまで脚がたまっていたとはいえ、追い出されてからの迫力は他馬をはるかにしのぐものでした。文句なしの圧勝です。宝塚記念では前半で掛かりながら圧勝したように、スタミナがあるということ。有馬記念ではスタミナが必要なレースになって、強さがより際立ちましたね。ハーツクライ産駒は古馬になっても成長力があります。うちのハーツは全く駄目だったけど…。

デスク 「うちのハーツ」って、本命にしたスワーヴリチャードのこと?

野田TM はい…。鞍上が前半に気合を付けて押していったらまともに引っ掛かってしまいました。あれでは息が入らず勝負になりません。さすがに最後は止まってしまいました。目に見えない疲れもあったかも…。

デスク 2着はアーモンドアイと同じロードカナロア産駒のサートゥルナーリア。

野田TM 東京での日本ダービーと秋の天皇賞はレースの直前にテンションが上がって力を発揮できなかったけど、今回は返し馬やスタート前の輪乗りでも落ち着いていました。折り合いもばっちりで、前走より競馬ぶりは大幅に良化していましたよ。直線で外から一旦抜け出したところを、さらに外から勝ち馬にかわされたものの内容は上々。確実に進化しています。僕はロードカナロア産駒は本質的に距離がもたないと思っているんですが、今回のレースを見て、この馬は意外に引き出しがあるなって思いました。控えて味のある競馬ができたのは収穫です。来年は2000メートル前後のGI、春なら大阪杯かドバイに行くんでしょうね。

デスク 3着はワールドプレミア。パドックでは出走メンバーで一番テンションが高く、返し馬でも暴走気味で武豊騎手が必死に抑えているように見えたけど。

野田TM テンションが高かったこともあって出遅れたんでしょう。後方から無理せず折り合いに専念し、直線は一気に外から伸びましたね。ペース次第でどんな競馬でもできる自在性があるし、スタミナも豊富。今回は流れも向きました。

デスク 4着はフィエールマン。

野田TM 道中はアーモンドアイの直後。4コーナー手前からまくって目標の相手はかわしたけど…。さらに後ろからまとめて差されたのは展開のアヤですね。

デスク 5着のキセキも出遅れた。ムーア騎手が押しても行かなかったね。

野田TM それだけスタート直後からペースが速かったということ。結果的にはハイペースに巻き込まれず正解でした。後方でそのまま運び、直線はジリジリながらも外から押し上げてきましたね。ただ、一気にまくれる脚はないので、本来は前で競馬をした方がいい馬。結果論としてはまずまずの着順ですが、自分の競馬ができなかったのは確かです。

デスク 6着は14番人気のシュヴァルグラン。引退レースだった。

野田TM レースは後方から。勝負どころですっと押し上げられなかったけど、直線は持ち前のスタミナを生かして上がってきましたね。

https://race.sanspo.com/keiba/news/20191222/etc19122218010007-n1.html


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月24日

2年連続で的中、今年も「東スポ的世相馬券」にお任せ!

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/22(日) 10:22:31.87 ID:drqkqtA29.net

有馬記念は「東スポ的世相馬券」にお任せ! 2017年は「今年の漢字」に選ばれた「北」→「『キタ』サンブラック」、
18年は「平成元年の勝ち馬がイナリ『ワン』、平成最後がブ『ラスト』ワンピース」というヒントを発見し、2年連続で的中させた。

そんな当欄が令和元年の世相から“馬券のヒント”を見つけ出す。
今年は「レイワ」に加えて、さまざまな分野から超強力なシグナルが発信されていることを発見した。

【王道世相編】今年の有馬世相馬券で避けて通れないのは「レイワ」だ。昨年2着馬のG「レイ」デオロは言わずもがな。
菊花賞勝ちから有馬記念直行ローテで見ると、過去10年で3勝(サトノダイヤモンド、ゴールドシップ、オルフェーヴル)、
3着1回(キタサンブラック)で、F「ワ」ールドプレミアへの馬単G→Fは誰もが思いつく組み合わせ。

この「レイワ馬券」は押さえに回し、ほかのサインを探してみよう。

同じレイワなら、穴党におすすめなのは「レイ・ワ」でなく「レ・イワ」、そう“レ”ーンと“岩(イワ)”田康だ。
Eリスグラシューと@スカーレットカラーの馬連、ワイドで大勝負! スカーレットカラーの人気はないが、
鞍上はイン突きのうまい岩田康。直線内をさばいての大番狂わせがあるかも?

令和がスタートした「5月1日」もピックアップ。Dフィエールマンと@スカーレットカラーの組み合わせも一考したい。

令和の元号は大化から数えて「248」番目で、初めて中国の古典ではなく、日本の古典から引用された。
ここからAスワーヴリチャード―Cスティッフェリオ―Gレイデオロの3連複1点勝負も面白い。

国際関係でいえば、この令和元年に世界平和を願うローマ教皇が38年ぶりに来日し、東京ドームで5万人ミサを行ったことも話題に。
ローマつながりで「古代ローマの祭り」を表すIサートゥルナーリアの単勝を厳かに握り締め、勝利の祈りをささげてみては。

【スポーツ編】今年は海外で活躍する選手が注目された。まず外せないのが、8月に行われた全英女子オープンで
日本人女子42年ぶりの海外メジャー制覇を達成した“シブコ”こと渋野日向子。シブコはやっぱり「425」の3連単?

さらに、NBAのワシントン・ウィザーズで活躍する八村塁の背番号「8」も。
メジャーリーグで言えば、今年3月のイチロー「16」の引退も大きなニュース。ここはGレイデオロ、Oシュヴァルグランの単複勝負か。

ラグビーW杯での日本代表の活躍も忘れてはいけない。日本代表「サクラ」のエンブレムをつけたフィフティーンの活躍に敬意を表して、
Nアエロリットの単複と桜色(桃枠)の枠連(8)―(8)もマークしよう。

【JRA編】JRAはスペシャル企画として「ルパンTHE有馬」を開催。特設サイトの「黄金馬券を盗め!」で謎解きコンテンツが楽しめる。
ルパン「3」世のBエタリオウは中山芝内2500メートルに強いステイゴールド産駒で、しっかり「ゴールド(黄金)」が。これはJRAからのクリスマスプレゼント? 
サイト上でルパンが着ているジャケット(青色)からBに加えて、青色枠絡みも押さえたい。

そして、ルパンといえば「不二子(245)ちゃ〜ん」。不二子のハートを射止めるためにも男らしく3連単A→C→D1点に万張り!

【芸能界編】今年の芸能界といえば、「闇営業」が大きくクローズアップされた。「闇」G―Bも押さえるか? 
スキャンダルの真相は、いつも「闇」の中。漢字の闇の中にあるのは「音」。ということで大穴候補は「音」無厩舎のCスティッフェリオ。
有馬同年のオールカマー勝ちは1996年サクラローレル、2007年マツリダゴッホが1着、昨年のレイデオロが2着と好走例がある。

これに闇つながりでK“クロ”コスミアはどうか。2頭ともエタリオウと同じくステイゴールド産駒。
C―Kの馬連、ワイドの組み合わせで01年のマンハッタンカフェ―アメリカンボスの再来なるか!? 
https://www.tokyo-sports.co.jp/horse/jra/1667697


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする