2019年12月07日

チャンピオンズC(中京・G1) 並み居る古馬を一蹴!好位追走クリソベリル(川田)ゴール前叩き合いを制し無傷6連勝!

1: 丁稚ですがφ ★ 2019/12/01(日) 15:43:50.97 ID:g6lsX0P69.net

全着順及び払戻金は後ほど
以下掲示板分

1 3 05 クリソベリル       牡3/550(+11)/  1.48.5  .川田将雅 55.0  音無 秀孝
2 6 11 ゴールドドリーム.   牡6/536(+10)/   クビ.  C.ルメール   57.0  平田 修
3 2 04 インティ.          牡5/516(. -4)/ 1 1/4馬身 武  豊   57.0  野中 賢二
4 2 03 チュウワウィザード   牡4/482(. +1)/ 1/2馬身 福永祐一 57.0  大久保 龍志
5 6 12 キングズガード.     牡8/466(. -4)/ 1 3/4馬身 秋山真一 57.0  寺島 良

※結果・成績・オッズなどは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

yahoo競馬
https://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1907040211/
JRA(「競馬メニュー」内から「競走成績」をクリックし、該当競走をご覧ください)
http://jra.jp/sitemap/


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「西高東低」・・・栗東トレセン開業50年、美浦トレセンを圧倒

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/01(日) 11:06:45.90 ID:VYMUt8+j9.net

この11月、日本中央競馬会(JRA)の西日本の調教拠点、栗東トレーニング・センター(トレセン、滋賀県栗東市)の開業からちょうど半世紀を迎えた。
50年の間には坂路などの優れた調教コースが設けられ、関西馬の成績が向上。関東馬との力関係が逆転し、「西高東低」といわれる状況が固定化された。

ただ、近年は競馬を取り巻く環境も激変。トレセン外に自前の調教施設を持つ大手牧場が力を持ち、トレセン内の厩舎とのパワーバランスが牧場優位に傾く。
それに伴い新たな課題も出てきた。

栗東トレセンは関東の美浦トレセン(茨城県美浦村)よりも9年早く開業し、日本のトレセンの先駆けとなった。
栗東トレセン開業前は、各競馬場に調教師が厩舎を構え、そこで調教をしながら馬をレースに出していた。

競馬場周辺の都市化が進み、競走馬の飼育に適さなくなり、郊外にトレセンを設けて各競馬場の厩舎を集約。
トレセンで調教し、レース前に競馬場に輸送する方式に変わった。

栗東トレセンには中京、阪神、京都の各競馬場にあった厩舎が集められた。第1陣として1969年8月に中京の厩舎が栗東へ移動。
阪神からの第2陣が移ってきた11月に開場式を行い、70年12月の京都の厩舎の到着で集約が完了した。

中京組がやって来た当初は調教コースの馬場の状態が悪く、苦労もあったという。
栗東移転後の関西馬は東と比べて劣勢だった。転機は85年の坂路の開設。

「最後の直線に坂のある東京、中山の両競馬場で鍛えられるから関東馬が強いのではないか」と、
70年代の関西の名馬テンポイントを管理した調教師、故小川佐助氏が指摘し始めたことがきっかけだった。

まずは栗東トレセン内にある5つの周回コースのうち、一番外側にあるダートのコースにゆるやかな坂を造ったが、その後に本格的な坂路を建設することになった。

当初は394メートルとコース長が短く、使い勝手が悪かったため、様子見の調教師も多かった。
ただ、坂路調教馬が成績を上げはじめ、コースも延伸されると利用が増えた。

一方の関東は78年、坂のある競馬場から、坂のない美浦トレセンへと移動。美浦では93年まで坂路が開設されなかった。
東西逆転がまさにこの期間で、88年に西の勝利数(1682勝)が初めて東(1636勝)を上回った。

一度逆転すると、差は広がった。美浦に坂路ができたとはいえ、山あいに立地し、自然の地形を生かした坂路を造れた栗東と比べると、高低差が小さく、調教の効果が乏しい。

施設の差が大きくなると馬主も関西に素質馬を預けるようになった。加えて、厩舎業務の効率化も関西は積極的だった。
馬の調教と世話をする人が分かれていたのを、担当馬の調教と世話を1人で手掛ける手法にいち早く変えた。

栗東の交通の便の良さも東西格差を増幅させた。名神高速道路の栗東インターチェンジ(IC)がすぐ近くにあり、競走馬の輸送がしやすい。

そもそも栗東は古くから交通の要衝。東海道と中山道という江戸時代の五街道のうちの2つが市内を通り、隣の滋賀県草津市にある草津宿で両街道が合流していた。
63年に日本初の高速道路が開通したのも名神高速の栗東IC―尼崎IC(兵庫県尼崎市)間。これを街の発展につなげようとした栗東町(当時)はトレセン誘致に積極的だった。

立地選定に難航し、開業が遅れた関東に対し、「交通至便で自然豊か」という競走馬の飼育に適した土地をスムーズに見つけられたのは幸運だった。
こうしたことが相まって88年以降、西が東を圧倒し続けた。

ただ、最近はトレセン外に調教施設をもつ大手牧場が力をつけ、競馬運営の根幹に難題を突きつける。

中央競馬は「内厩制」という仕組みを取る。調教師はJRAから免許を受けたうえで、美浦や栗東の馬房を貸してもらい、厩舎を開業する。
競走馬はトレセン外の牧場などから直接、中央競馬のレースに出走することはできず、レース10日前(出走経験のない馬は15日前)にはJRAの調教師の運営する厩舎に入らなければならない。

大きな理由の一つが公正の確保だ。調教師や騎手、調教助手など、競走馬に関わる人をトレセン内に囲い込むことで、不正を防ぐ狙いがある。
だが、大手牧場はトレセン近郊に充実した調教施設を備えた牧場を開設し、レースの直前まで馬を調整させるようになった。

トレセンに馬を送り込む期間は格段に短くなり、出走するレースや騎手の選択はもちろん、調教の進め方などの主導権も牧場が握るようになってきた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52662870X21C19A1000000/


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月06日

話題の“美人すぎる騎手”ミカエル・ミシェル、藤田菜七子騎手との2ショット写真を公開 「美女の共演!」

1: ニーニーφ ★ 2019/12/01(日) 20:58:35.77 ID:xb6xeoHt9.net

 競馬界で話題の美人ジョッキー、ミカエル・ミシェル(フランス)がツイッターを更新。
着実に勝利を重ねる藤田菜七子との2ショットを公開し、「日本とフランスの華」「めっちゃ良い写真」などと反響を集めている。

“美人すぎる騎手”としても話題を集める24歳のミシェルは先週東京競馬場で行われたジャパンカップ観戦のために来日していたが、
そこで日本が誇る女性騎手、藤田との共演が実現していた。

 ブロンドヘアをなびかせ笑顔を浮かべるミシェルの隣にははにかむような表情を覗かせる藤田。
日本と欧州のキュートなジョッキーが肩を並べ1枚の写真に納まった。

 ミシェルは「ジャパンカップにて。ナナコと。有名な日本人女性騎手」とつづり、藤田との日仏共演ショットを公開。
するとファンからは「日本とフランスの華」「日仏の美女の共演!」「なんやこの素敵過ぎる2ショットは!」「この二人の叩き合いが見たい!」などと歓喜のコメントが書き込まれていた。

 ミシェルは夏のワールドオールスタージョッキーズで初来日し、日本でも人気が沸騰。
JRAの騎手免許取得を目指すことも明かしており、本格参戦となれば藤田との競演は大きな話題を呼びそうだ。

https://the-ans.jp/news/95744/


https://pbs.twimg.com/media/EKgMkZeXYAIGQ2-.jpg

Mickaelle Michel騎手 Twitter
https://twitter.com/MickaelleMichel
(deleted an unsolicited ad)


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あみだでgetもコンマ12のイン速攻、田村初代王者に!毒島ツケマイの奇襲届かず!

1: 牛丼 ★ 2019/12/01(日) 17:43:29.13 ID:E4ioG0em9.net

<平和島ボート:ボートレースバトルチャンピオントーナメント>◇G1◇最終日◇1日

あみだ抽選で見事に決勝戦1枠を引き当てた田村隆信(41=徳島)が逃げて初代王者に名を刻んだ。2着は長田頼宗(34=東京)、3着は吉川元浩(47=兵庫)。

進入は123・456の3対3。2コース毒島がやや遅れた位置からツケマイの奇襲に出たが、これは大流れ。田村が冷静に先マイを決め、握った長田が2番手。巧みに追い上げた吉川が3着に粘り込んだ。

田村は「11Rで同期の井口が見本を見せてくれたので、その通りに。うまく回れたと思います。最近の流れは最高ですね」と初代チャンプとなって喜んだ。

払戻金は2連単(1)−(5)で900円、3連単は(1)(5)(6)で4740円。(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

https://www.nikkansports.com/m/public_race/news/201912010000509_m.html

リプレイ
https://smart.jlc.ne.jp/tbsp/streamer/streamer.php?jo=04&race=12&date=20191201&_=1575189424409&m=1


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 競艇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月03日

新台パチンコAKB打った感想w

1: 47の素敵な(光) (4段) (アウアウウー Sacd-+n0S) 2019/11/28(Thu) 17:12:03 ID:fkSZgjSxa.net


演出はあっちゃん 優子ばかり出てくるw

図柄にかとれな こじまこ 入山
図柄3に松井珠理奈w

推しメン設定なくなったw VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:: EXT was configured


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | パチンコ機種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンピオンズC(12/1・中京・D1800m・G1)枠順確定 5戦5勝クリソベリル3枠5番、JBCクラシック優勝チュウワウィザード2枠3番

1: 丁稚ですがφ ★ 2019/11/28(Thu) 15:44:29 ID:xYgFqFb59.net

12月1日に中京競馬場で行われる、第20回チャンピオンズC(3歳上・GI・ダ1800m・1着賞金1億円)
の枠順が28日確定した。

デビュー負け無し5連勝中のクリソベリル(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)は3枠5番からのスタートとなった。

また、GI/JpnI・6勝目を狙うゴールドドリーム(牡6、栗東・平田修厩舎)は6枠11番、
秋初戦のJBCクラシックで2着のオメガパフューム(牡4、栗東・安田翔伍厩舎)は3枠6番に入った。

その他、今年のフェブラリーS覇者インティ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)は2枠4番、
JBCクラシックでJpnI初制覇を果たしたチュウワウィザード(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)は2枠3番、
昨年2着のウェスタールンド(セ7、栗東・佐々木晶三厩舎)は4枠8番となっている。
発走は15時30分。枠順は以下の通り。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-01 タイムフライヤー     (牡4、O.マーフィー・松田国英)
1-02 モズアトラクション     (牡5、藤岡康太・松下武士)
2-03 チュウワウィザード.    (牡4、福永祐一・大久保龍志)
2-04 インティ           (牡5、武豊・野中賢二)
3-05 クリソベリル.        (牡3、川田将雅・音無秀孝)
3-06 オメガパフューム.      (牡4、L.デットーリ・安田翔伍)
4-07 ワンダーリーデル     (牡6、横山典弘・安田翔伍)
4-08 ウェスタールンド.      (せ7、C.スミヨン・佐々木晶三)
5-09 サトノティターン       (牡6、R.ムーア・堀宣行)
5-10 ミツバ             (牡7、和田竜二・加用正)
6-11 ゴールドドリーム.       (牡6、C.ルメール・平田修)
6-12 キングズガード      (牡8、秋山真一郎・寺島良)
7-13 ワイドファラオ.       (牡3、M.デムーロ・角居勝彦)
7-14 テーオーエナジー     (牡4、川須栄彦・宮徹)
8-15 ロンドンタウン.         (牡6、岩田康誠・牧田和弥)
8-16 ヴェンジェンス       (牡6、幸英明・大根田裕之)

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください

出走馬詳細はnetkeiba.com/正式な出馬表はJRA
https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=163875
http://jra.jp/keiba/thisweek/2019/1201_1/syutsuba.html


続きを読む
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月02日

ママさんレーサー大活躍! #加瀬加奈子 デビュー後出産経験者、初V!溝口・山本奈も2着!

1: ベクトル空間 ★ 2019/11/27(水) 17:49:28.91 ID:y5+x6kMB9.net

加瀬加奈子ママでもV「ぶったまげました」/向日町
https://www.nikkansports.com/public_race/news/201911270000541.html

<向日町競輪:ガールズケイリン>◇F2◇最終日◇27日

男道、ママでもV! ガールズケイリン1期生の加瀬加奈子(39=新潟)が決勝11Rを逃げ切り、
今年2月の出産、7月の復帰後、初優勝を飾った。通算45回目。
デビュー後に出産した選手の優勝は、ガールズケイリン創設後初めて。

加瀬は優勝インタビューで「久しぶりでびっくり。家で赤ちゃんが待ってるし、無事に、あわよくば優勝と思っていた。
これからも頑張ります」とファンの声援に応えた。
さらに「自分が一番ぶったまげました」とおどけた。
このレースでは2着に溝口香奈が入り「ママさんガールズ」でのワンツー決着。
また、松戸でも山本奈知が決勝2着と、ママさんレーサーの活躍が光った。

JKA
http://keirin.jp/pc/top

向日町競輪ガールズ決勝
https://www.yen-joy.net/kaisai/race/result/detail?ym=201911&b=54&s=20191125&d=20191127&r=11
松戸競輪ガールズ決勝
https://www.yen-joy.net/kaisai/race/result/detail?b=31&s=20191125&ym=201911&d=20191127&r=10


続きを読む
posted by まだおっち at 20:00 | Comment(0) | 競輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする